メニュー

不整脈の診断・治療

不整脈とは

心臓は全身に血液を送るポンプの働きをしています。効率よくポンプの働きをするためには心臓の規則正しい収縮と拡張が必要がです。規則正しい収縮・拡張の指令をだしているのは、心臓にある洞結節という場所です。洞結節は心臓内に存在し規則的な電気刺激をつくります。ここで作られた電気刺激が心臓内に伝達されてることにより心臓は収縮・拡張を規則正しく繰り返すことができます。この洞結節からの誤指令や刺激が心臓内を伝達する過程のどこかで異常が起きると、脈が飛んだり、不整となったり、速くなったり、遅くなったりする、リズムの異常となりこれを不整脈と言います。

不整脈の中には治療の必要のないものから、心不全、失神、突然死の原因になるような危険なもの、心臓内に血液の塊を作り脳梗塞の原因になるものまでさまざまな種類があります。

下記のような症状がある方は当院にてご相談ください

  • 動悸(どきどきする 脈の欠滞・乱れ・不整を感じる)
  • めまい 失神
  • 息切れ
  • 胸の違和感を感じる 

 

不整脈の診断と治療

当院では、心電図、ホルター心電図を用いてどのような不整脈か診断します。また必要であれば不整脈の原因を調べるためエコー検査、血液検査などを行います。

不整脈の種類、自覚症状によって内服治療、カテーテルアブレーション、ペースメーカー植え込みなど適切な治療を考えていきます。(カテーテルアブレーション、ペースメーカー植え込みの際は提携病院にご紹介いたします)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME