メニュー

更年期障害

更年期障害とは

更年期とは一般に閉経前後の10年間程度の期間を指します。

この時期、女性は卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌されるホルモン「エストロゲン」の分泌が低下します。エストロゲンは子宮の内膜を妊娠しやすい状態に保ちますが、それだけではなく、自律神経を安定させたり、皮膚や髪のつやを保ったり、動脈硬化を予防したりと、女性を元気で、美しく、穏やかに保つ働きがあります。

更年期障害とはこのエストロゲンの分泌が低下することで、様々な症状をきたす症候群のことをさします。

更年期障害の症状

のぼせや 急な発汗

肩こり

寝つきの悪さ

なんとなく憂鬱 落ちこむ

怒りっぽくイライラする

精神が不安定

めまい

その他症状には現れませんが、骨訴訟症、脂質異常症、高血圧などが起こりやすくなります。

またもともとの気質、家庭環境(介護や子供も巣立ちなど)によっても症状の起こり方は異なります。

更年期障害の治療

1、プラセンタ療法

2、薬物療法(不眠や脂質異常症に対する治療)

3、漢方療法

4、ホルモン補充療法(HRT)

症状や診察の結果に応じて治療を選択します。

当院では現在は1-3の治療を保険診療で行っています。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME