メニュー

心不全の診断・治療

心不全心不全とは

心臓は心筋と言われる筋肉でできており、全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。このポンプの働きの異常のため様々な症状を引き起こしている状態を心不全と言います。

原因としては、心臓の栄養血管が詰まって血液が流れなくなり心筋が死んでしまう心筋梗塞、心臓のリズムの異常である不整脈、心臓の筋肉自体の異常である心筋症、弁の異常である弁膜症などがあります。

心不全の原因となる疾患は動脈硬化が関与していることが多く、高血圧、脂質異常症、 糖尿病などの生活習慣病との関連性が高く、高齢になるほど発症する人が多くなります。

下記のような症状がある方は当院にてご相談ください

  • 動悸 息切れ
  • 全身倦怠感
  • 咳 痰が続く
  • むくみがでる
 

診断・治療

胸部レントゲン検査、心電図検査、血液の酸素飽和度の検査などを行い診断します。また心不全の原因検査として心臓超音波検査も行っていきます。治療は薬物療法が中心となりますが、入院治療、手術が必要な際には提携病院に速やかにご紹介いたします。また原因となる生活習慣病の管理を行い、心不全の予防も考えていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME