メニュー

脂質異常症

脂質異常症とは

血液中のコレステロール、中性脂肪の量や質の異常をいいます。

健康診断や人間ドックでも検査されている項目ですが、異常値であっても自覚症状がないため、放置されている方も多く見られます。

健診等で測定されるのは主に次に示す3項目です。

LDLコレステロール

悪玉コレステロールとよばれるものです。

過多になったLDLコレステロールが酸化すると、動脈の壁に溜まっていくようになります。そうすると動脈に炎症を起こし、動脈が固くなったり、血管の壁が厚くなり内腔が狭くなります。これが動脈硬化です。

そして動脈硬化が進行すると、内腔が極端に狭くなったり、動脈の壁に血栓がつき、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな病気の原因になります。

 動脈硬化

  • 長い年月LDLコレステロールが高いと言われている方
  • ご家族も皆高い方
  • 閉経後の女性でコレステロールが上がってきている方

  は動脈硬化が早く進行する為注意が必要です。

 

HDLコレステロール

善玉コレステロールとよばれるものです。

血液中の余分なコレステロールを掃除してくれるような働きをします。そのためHDLの値が低いと狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの疾患の危険性を高めることが知られています。

生まれ持っての体質的なものもありますが、一般的に下記の中性脂肪が高いと、HDLは下がることが多いため、中性脂肪をさげるような食生活、運動習慣の改善で、HDLコレステロールの改善が見込まれます。

中性脂肪

いわゆる血液中のあぶらのようなものです。

食事の、カロリーオーバー、間食のとりすぎ、飲酒、運動不足などが原因になります。

生活習慣の改善で低下することが多いのですが、高値が続くと膵臓に炎症が起きたり、心疾患、脳血管疾患の原因にもなるため、薬物療法が必要となることもあります。

 

脂質異常症の診断基準

 

高LDLコレステロール血症

140mg/dl以上

高トリグリセライド(中性脂肪)血症

150mg/dl以上

低HDLコレステロール血症

40mg/dl未満

 

 治療は基礎疾患(心疾患 糖尿病 高血圧 など)の有無 家族歴、性別、年齢など評価し開始します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME